【超将棋】感想と攻略メモ:駒をぶつけて盤外に押し出せ!超エキサイティング!【兵は神速を尊ぶ】

その他のゲーム
スポンサーリンク

超将棋』は物理演算と将棋を組み合わせた全く新しいボードゲーム!

親切なチュートリアルがあるが、大体動かし方は直感で分かる。とにかく飛車で突撃とつげき~!

本作はT.Okawa氏が「ゲームクリエイター甲子園」に向けて制作したものでSteamで無料配信している。

ゲームクリエイターズギルドが主宰する学生インディーゲームの祭典
「ゲームクリエイター甲子園2021」の公式HPとゲームクリエイターズ
ギルド公式YouTubeチャンネルはこちら!
ゲームクリエイター甲子園2021公式HP
https://game.creators-guild.com/gck2021/

GCG公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCwkc3XcdjoMxO6vROG8LKYQ

GCK2021 #GC甲子園

これかなり面白かった。

初見でオンライン対戦にやってみてゲラゲラ笑いながら楽しめました。フレンド対戦は絶対盛り上がるやつ。直感的に分かりやすいルールなのに、妙に攻略要素があって面白いし、視覚的に楽しめるのも良い。

物理演算が生み出す先の読めない展開が熱い!

端に追い詰めたと思ったらまさか駒台にのっかるとは思わなかった・・・そこって自分がとった駒を置くところじゃんねぇ。

ランクマッチの仕様がよく分からんが勝ったり負けたり、でもなんか定石がありそうな感じなので攻略メモを書いておきます。

スポンサーリンク

駒の挙動

駒の動ける向きは実際の将棋の駒と同じ。

飛車、角行、香車、桂馬といった元の将棋のルールで1マス以上移動できる駒は突進力が段違いに強く、これらの駒を起点にして攻め込んでいく形。一方で銀将、金将は超将棋のルールでは攻めとして使いにくく王将を守る肉壁。

棒銀をする暇はない、飛車で歩兵ごと突っ込め~い。

注意点として、桂馬、香車は相手陣地に侵入したら強制的に成金となってしまい実質弱体化する。飛車、角行は成って竜王、竜馬となると移動方向は増えるが、そっちの方向の移動性は1マス相当となる。

対戦形式:リアルタイム

これほんとスピード勝負

リアルタイムでお互いが駒を動かせる。動かしたい駒を見失うレベルで忙しい。

一つのメタゲームとして、駒台に逃げる3D穴熊が強い。香車、飛車を使った速攻戦術なら打ち破れるかといった感じ。

詰みです。

間に合わなかった形。

どうにか、3D穴熊を咎めたいよな~

突進力を高めるためには「溜め時間」が必要なのがリアルタイムバトルに置いて良い味を出している。相手がどの駒をためているのか分かるため、相手の行動を見て駒を動かし、回避することもできる。

5級にランクを上げると駒落ち機能がアンロックされるが、このゲームに置いて駒落ちは自軍の邪魔な駒を排除できるのでその分有利となる。上級ではより速く、無駄なく穴熊完成or速攻みたいな勝負となっていて、正直攻略は行き詰っている感ある・・・

穴熊も速攻も両方咎めたいよな~

対戦形式:ターン制

1手ごとにお互いが駒を動かす形式。駒の向きを変えるのにも1手かかるので、3D穴熊戦略は弱体化されており、十分な溜め時間が確保できるので攻めが相対的に強化されている。

相手の攻めをどうさばくかをじっくり考えられるので、こっちの形式のほうが個人的には好き。

攻略メモ①:とりあえず飛車で突撃

先手:2三飛成

ついでに2三歩成。この「暴力」をどうするのかってところから読み合いが始まる。相手がうまく対応できなければそのまま竜王で暴れて勝ち。通称、竜王アグロ

攻略メモ②:相手の飛車を桂馬で受ける

相手が飛車で突っ込んできたときの回答は桂馬を右に動かして受けるのが、何となく形勢が良い気がする。

これが
こうなる

なんか良い感じにブロックしてくれる。歩兵じゃ突進力が弱い。角行では自軍の駒を吹き飛ばして形勢があまり良くない状況が多く、桂馬で受けるのが「ちょうど良い」。地味に角行の向きが変わって相手陣地に突っ込みやすくなるのも良い。

ちなみに初期配置で角行で突っ込むと、相手の飛車にどうしようもなくなるので注意な。

攻略メモ③:4間飛車

ランクマッチでは同じ相手と連戦できる。まずは相手に「飛車で突っ込むだけじゃ勝てんぞ」と理解させてやる必要がある。

そうすると次の読み合いが発生して、飛車を振って揺さぶりをかける。

4間飛車かな?からのキチゲMAXって感じは流石に面白い。

攻略メモ④:王は前に逃げる。

王が盤外に出たら負けなのに最初から崖っぷちなのおかしいでしょ。

王は前に逃げておきましょう。それだけでだいぶ負けにくくなる。

相手が先手で飛車を振るなんて悠長なことしてきたら、王は前に逃げておきましょ。

相手が攻めあぐねていたら、そのまま3D穴熊を狙っても良い。

攻略メモ⑤:移動と方向転換は同時入力可能

左クリックで移動方向を選択、溜め中に右クリックで方向転換も同時入力が可能。

方向転換するタイミングは駒が一瞬ジャンプするので、そこで溜め解除するとジャンプしながら移動する。入力がシビアだが、かなり悪さできそう。新しい定石ができる攻略要素で、香車OTKは見かけた。

※v1.46から対戦開始3手の間は回転できなくなった。

香車OTKも3D穴熊もナーフされた形。竜王アグロで地上戦をしていけ。

他、気になったこと

駒の上にのると、飛びやすいので降りるときは慎重に。また、駒の上に乗っている駒はダルマ落としの要領で下の駒が飛ばされてもその場に残るので守りが固い。

成った場合でも手動で裏返せば香車、桂馬として使用できる。

バグかもしれんがたまにターン制で2回行動?が起きる。①駒を左クリックで赤い矢印をだす。②赤い矢印を右クリックで溜める(右クリック溜めは詰将棋ではできず、対戦でのみできる)③発射すると駒に赤い矢印が出たままでそこから追加移動できる。たぶんそのうち修正される。

おわり

対戦の攻略はまだ煮詰まっていないが、何となく気になったことをまとめた形。1日ごとに新しい戦術が出てきて移り変わっていって面白いです。

とりあえずの攻略メモとして初手飛車で突っ込むのと、王は前に逃げるのはマジで勝率上がったのでおすすめです。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました