【ラスオリ】変化の聖所攻略メモ:反撃ギガンテス編成「え!! ミホもセレスティアもなしで2-60クリア!?」【出来らぁっ!】

ラストオリジン

ラストオリジンの高難易度コンテンツ、「変化の聖所」の第2作戦区域までクリアしてみて、「雑に強い」編成とは言いにくいが…組みやすい編成を紹介しつつ雑語り。

反撃ギガンテス編成について語ります。

これまでの編成まとめはこちら。

編成例①

定番のギガンテス編成。

ギガンテスをタンク兼アタッカー役としてサポートする形。
精密型観測装備で射程を上げ、昇級ミホで反撃を付与。装備とは別にコネクターユミで、バフ枠として射程アップをギガンテスに付与してギガンテスのパッシブスキルを発動させる。
セレスティアと紅蓮はギガンテスに被ダメ減少バフを付与しつつ、ミホとも相性が良いサポート役。
装備とステータスは適当だけどざっくりこの形が「定番編成」、サポート役は行動力重視で、セレスティアと紅蓮はスピーカーの押し出し攻撃対策でワクチン装備。ミホは普通にアタッカー運用。ギガンテスは必要クリ率を確保したら攻撃に振るのもあり。

・・・

正直、この編成ってSS昇級ペロがいたらミホペロ編成を組んだほうが強い。

ペロはギガンテスより速いし、手数は多いし、回避盾なので事故要素も少ない。また、全体挑発のおかげで保護無視攻撃をする敵に対しても立ち回れる。セレスティアも他の「強い編成」で競合しがち…

定番編成の反撃ギガンテス編成はキャラが揃っていないうちは比較的手軽に組めて使いやすい分、揃ってくると逆に使いにくい。

ということで、ミホもセレスティアも採用しない「反撃ギガンテス編成」も紹介したいと思います。

編成例②

ミホもセレスティアも使用しない反撃ギガンテス編成。これで2-60クリア可能!!

追撃者・・・「退け」

ミホの代わりに「ギガンテス専用装備」で反撃を獲得。セレスティアの代わりにアザズとリアンの組み合わせによるバフデバフで被ダメージを抑える形。どうしてもギガンテスだけでは手数と火力が足りなくなるので、この編成に相性が良い攻撃機としてセルジュークを採用。

ギガンテス

フルリンクボーナス:スキル威力+25%

装備はワクチン×2、防御型戦闘システム、専用装備
ステータスは、バフ込みクリ率100%以上、残り防御。編成画面でクリ率48%(Lv.95)

この編成におけるギガンテスはタンク役としての側面が強い。流石にミホなしセレスティアなしだと色々足りない。
具体的に反撃は専用装備で取得する都合上、射程が足りない。なので必然的に敵殲滅速度が落ちる→事故率が上がる。ということで攻撃に振っても後列の敵には反撃が届かないし、防御に専念している。
攻撃に振ってなくても反撃で5万は出るので大体の敵は2回くらい攻撃すれば落とせるので問題ない。防御に振っているおかげで、被ダメ減少無視のバフが乗った追撃者の攻撃を1回は耐えられる。

専用装備に雷属性耐性がついていれば完ぺきだったが…ない

コネクターユミ

好感度200、フルリンクボーナス:バフデバフLv+2
装備は、軽装型支援最適化システム、回路最適化ベータ×2、エネルギーパック、行動力重視の装備。
ステータスは適当。命中500%くらい。攻撃に振る意味はなかった。

ギガンテスと仲が良い。

アザズ

フルリンクボーナス:行動力+0.1
装備は、回路最適化ベータ×2、突撃型戦闘システム、エネルギーパック、行動力重視の装備。
ステータスは適当。命中500%くらい。残り回避率。

セレスティアなしだと被ダメ減少のバフ量が少なくなる。その「解答」がアザズとリアンの組み合わせ。バフデバフでギガンテスの被ダメを抑える役割。
ゴールデンファクトリーは敵の押し出し攻撃を防いだりもできるし、「追撃者」はHPの少ないキャラを優先的に狙うのでゴールデンファクトリー設置で完封できる。

ギガンテスが耐えている間にゴールデンファクトリー設置官僚が間に合う。追撃者君おつかれ~

アザズは基本的にギガンテスに保護されているが、ゴールデンファクトリー設置後の待機で「自己標的」と「ダメージ無効」バフを得られるので、一部の「保護無視攻撃」をする敵に対して強い。

デストロイヤーの攻撃は保護無視、バリアダメージ減少無視、防御貫通100%、行攻撃で一発で編成が崩壊しかねないが・・・
デストロイヤー君おつかれ~@2-41

調子乗っているとスラッシャーが保護無視、クリティカル時「強化解除」の攻撃をしてくるので気を付ける。クリ率20%のはずなのに的確にやってくる。上記の画像でアザズのHPが削れているのは調子乗った結果です。

リアンから偵察バフが得られるので戦闘中に1回だけスキル①に行動不能デバフがつく。反撃持ちの敵や面倒な敵に対してここ一番で使える。

リアン

フルリンクボーナス:バフデバフLv+2
装備は、演算強化回路ベータ、回路最適化ベータ、軽装型支援最適化システム、エネルギーパック
ステータスは、命中特化。
赤ボンに攻撃を命中可能な850%以上を確保して、行動力重視の装備。

わずかでもギガンテスの電気耐性が上がるから偉い。アザズの説明で語ったようにバフデバフでギガンテスの被ダメを抑える役割。

セルジューク

フルリンクボーナス:スキル威力+20%
装備は、分析回路ベータ、出力強化回路ベータ、突撃型戦闘システム、専用装備
ステータスは、バフ込みクリ率100%以上、命中350%以上。編成画面でクリ率80%(Lv.46)、命中率230%(Lv.70)。命中率はきりの良い数値にしているので詳細は詰めていない。多分コネクターユミのアクティブスキルのバフ込みで350%以上行く。

この枠はアタッカー役なら自由枠。

ロクを採用した場合は、大体の敵に強気に動けるけどスキャラブHの処理に手間取ったり、ロクの反撃が意図せず敵を攻撃して事故ることもある。

一方、セルジュークだとチックエンペラーの処理が面倒なので、一長一短。

この枠にニンフを採用すると、ギガンテスに射程アップ装備を付けられるが…ニンフの火力が本当に厳しくて…ギガンテスは専用装備で前列だけ反撃して残りの敵は素で強いアタッカーで処理する形のほうが使いやすかったという経緯がある。

使ってみた感想

定番編成で十分強いけど、昇級キャラはオリジンダストが足りなくて…うちのオルカではどうしても複数キャラ準備ができない。反撃ギガンテス編成は好きな編成なので、うまいこと他の編成と競合しないで「強い編成」ができないか考察したのが編成例②です。

敵の殲滅速度が遅いので2-60クリアに27分くらいかかるが、悪くはない。

この編成は…Tier 4

※追記:ギガンテスを上限拡張してレベルを110まで上げたら火力と耐久のステータスに余裕ができて強かった。攻撃に振れるおかげで2-60を20分以内でクリアできました!

【ラスオリ】変化の聖所2-60攻略 【フルオート】:ハベトロット、ティアマト、エラ、マキナ、メイ

これはガチ編成ですね。やはりタンク兼アタッカー役みたいな編成で重い役割を持っているキャラはレベルを上げるとステータスが上がるので強い。でも使ってみると本当に射程が欲しいね…最終ラウンドはロクの反撃で追撃者を巻き込まないように後列に移動させている。
あと、リアンはエネパよりもチョコで初速重視、スピーカーに先行できるほうが強いと思った。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました