ラストオリジン X 虚淵玄コラボ!!ということで虚淵氏について雑に語る!

ラスオリ雑語り

2022年5月20日にラストオリジンと虚淵玄のコラボ企画の決定が発表!

虚淵玄(うろぶち げん)とは、日本のシナリオライター

コラボ企画の具体的な内容はまだ発表されていないが、新しいイベントやストーリー展開のシナリオ面でシナリオライターの虚淵氏が関わるコラボ企画になりそうですね!

せっかくなので、虚淵氏とはどういった人物なのか?代表作は?作風は?気になって調べましたので紹介します!!

日本最強の「物語」請負人

虚淵氏は日本のシナリオライター・小説であり、株式会社ニトロプラス取締役。

代表作として「魔法少女まどか☆マギカ」、「仮面ライダー鎧武」、「GODZILLA (アニメ映画)」が有名の日本最強の「物語」請負人です。

作風は「陰鬱なストーリー展開」が特徴でキャラクターが無残に死にがち。特に各キャラクターが最善を尽くして頑張っているのに空回ってドツボにハマって死にがち。「魔法少女まどか☆マギカ」の登場人物と関連して「マミる」というスラング、英語圏では肉屋・虐殺者を意味する言葉「Butcher」とかけて「Urobutchered(虚淵される)」というスラングが作られるほどです。

いかがでしたか?

虚淵氏とラストオリジンのコラボがどういう形になるのか気になるところですね・・・今後もラストオリジンから目が離せません!!!

はい…ここまで閑話休題

こっからはいつもの雑語りです。

いや~正直、虚淵氏が関わった作品でしっかりと見たことあるのは「GODZILLA (アニメ映画)」だけなので、印象としてはあまり良くない。

ゴジラ知らない人にわかりやすく説明すると、アニメ版ゴジラ映画は3部作で平成以降のゴジラ映画の興行収入でワースト1,2,3位を独占している。物価の低かった昭和の時代の初期作品の配給収入と同じレベル。

興行収入ワースト1位を3回更新した映画の脚本が虚淵氏なので、最悪を超えた最悪を超えた最悪な脚本家ってイメージ。

虚淵氏の作品を調べてみると評判の良いものもあるみたいなので、ラストオリジンとのコラボ企画は期待半分・不安半分といった気持ちで続報を待ちましょうか。

先に韓国版で実装されて後から日本版にリリースされる流れで、コラボ企画に関して韓国勢からの評判が良かったら、これが【日本最強の「物語」請負人】なんだよな~って持ち上げるし、評判が悪かったら、「ままま、話題にはなったし良しとしましょうか」ってポジショントークすれば良いでしょ~くらいの感覚。

虚淵氏はtwitterで二次創作SSを投稿していたので、気になる人はチェックですね。

虚淵さんのラストオリジン二次創作がいつの間にかTwitterで始まってた。【第一話】

おわり

虚淵氏の「GODZILLA (アニメ映画)」の内容を少し語ろうかと思ったけど、思いだして嫌な気持ちになったのでやめた。嫌なことは思い出さないに限る。

小説版のほうは映画の前日譚を描いた1巻「怪獣黙示録」、2巻「プロジェクト・メカゴジラ」は面白かった。3~5は映画のノベライズと聞いたので読んでいない。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました