【ラストオリジン】天香のヒルメの運用方法・編成メモ 他の保護機との比較

ラストオリジン

愛されるから強いのか・・・あるいはその逆か

天香のヒルメはイベント「誰かが望んだ願い」で入手できるSSランク軽装保護機。

韓国版で行われた第2回人気投票で優勝した愛されキャラですね。

保護機なので役割は明確で雑に使っても強そうではあるので、他の保護機と比較評価をしつつ、運用方法・編成についてまとめたので紹介します!

基本情報

スキルはwikiから引用

Last Origin(ラストオリジン)日本版攻略wiki

レナ・ザ・チャンピオンの記事には全然更新がないのに、ヒルメは速攻で長所・短所・総評・育成方針がまとめられていて、大人気キャラ感がすごい。

強そうポイント

冷気耐性バフ:
自前で100%以上の冷気属性耐性を持ってきている。冷気属性攻撃に対する盾役として強い。

火耐性デバフ
パッシブ3のおかげでいるだけで敵の火耐性を下げられて強い。アクティブ1は列攻撃に火耐性ダウンがついている。

効果抵抗デバフ:
パッシブ3には効果抵抗-50%がついてくる

行動回数が多い:
パッシブ1で自身のAPを上乗せできるので、先手取って動きやすい。また、アクティブ1が消費AP4で、行動力は4.33なので、回転率が良く行動回数が多い。

雑に冷気属性攻撃に対する盾役兼味方の火属性攻撃のサポートとして強そう。

弱そうポイント

冷気属性以外の盾役としては信用できない:
被ダメージ-50%を持っているので柔らかいわけではない。偵察状態だと被ダメージ最小化2回持ってくるのも偉いが、他の保護機と比べると冷気属性以外の攻撃に対して信用度は落ちる形。

独特の指定保護範囲
自分より前列の味方を保護できる等、配置が縛られるが味のある使い方ができるので弱いわけではない。だけどやっぱり他の強い保護機と比べると、少し編成が縛られがち。バフ範囲も指定保護の範囲となっている。

独特の指定保護範囲とバフ範囲が編成を考えるうえで注意しないといけない点。

火属性編成

火属性編成はだいたいこんな感じだと思う。

敵の火属性耐性を下げるデバフを撒いて、範囲攻撃のシェードと支援攻撃のシラユリで攻める。

味方に偵察付与できるバフデバフ役のリアンに、雑に強い属性サポートのエラを入れて、保護機としては火耐性デバフを持っているブラックワームを採用する形。

オート適正も高く、よくある編成ですね。

アタッカーを増やしたかったらクノイチ・カエンを採用したり、敵に強化解除を打ち込みたかったらアルマンを採用したりする。

この火属性編成の保護機として、ブラックワームの代わりにヒルメを採用できるか?

ヒルメ編成案

・・・🤔🤔🤔

流石にそのまま置き換えは噛み合わないか・・・

シラユリの十字型の支援攻撃範囲、射程の関係でリアン、エラ、シェードは後列に置きたいという配置がびっくりするくらいヒルメの保護範囲と噛み合わない。

リアンの偵察付与がヒルメともシナジー合って一瞬強そうに感じたが気のせいだった。

シラユリと一緒に運用するのは難しいが、雑に指定保護範囲に支援機と攻撃機を入れるだけで強そう。

ブラックワームより優位な点は軽装型なのでコストが軽い点と、冷気耐性を持っている点だね。

冷気属性攻撃する敵は火属性に弱点を持ちがち。

ブラックワームと比較

ブラックワームはフルメンバーのシラユリ軸火属性編成を組む場合に強い。

ヒルメはフルメンバーじゃなくてコスト抑えた編成を組む場合に強い。星取り用に軽装型編成も組みやすい。

ブラックワームは敵が火属性攻撃してくる場合(タイラントやタランチュラなど)に強い。

ヒルメは敵が冷気属性攻撃してくる場合に強い。強いアルヴィスみたいな感覚で使えそう。

冷気属性編成

これはよくある冷気属性編成。

レアが敵全体に浸水を付与してグラシアスの「暴」がすべてを蹂躙する形。マキナとエラはサポート役。保護機はアルバトロス。

そもそも冷気属性編成の保護機には結構諸説ある

ストロングホールドを採用した形。保護しつつバフデバフを撒ける。

回避盾としてスレープニルを採用した形。マキナのアクティブ2で回避率アップするが、シナジーは薄い。

たぶん機動型編成を組めるという点と、事故りにくい点からアルバトロスを使うのがよくあるパターンだと思っている。

この冷気属性編成の保護機にヒルメを採用してみる。

ヒルメ編成案

・・・🤔🤔🤔

いや、悪くないぞ!

支援機には行動力バフ、攻撃機には攻撃力バフをするヒルメのスキルが効いていて、グラシアスの「暴」の前に支援機が動いておきたい冷気属性パーティのコンセプトに合っている。

具体的にはレアの敵全体への浸水付与が重要で、それにもヒルメの敵の効果抵抗ダウンが良い仕事する形。

もともとグラシアス軸の冷気属性編成は短期決戦型なので、ヒルメのダメージ最小化2回が生きているうちに何とかすれば問題ない。

マキナには気合で耐えるか、避けてもらうかしてもろて・・・

うーむ、これは相当ありでは?

冷気属性編成において火属性攻撃ができるので、ケミカルチックとか一部の敵に対して強く出れるようになるのは他の保護機にはない強みだね。

他の保護機と比較

ヒルメは敵に効果抵抗持ちがいる場合にレアの浸水付与を通しやすくできるのが強い。

ヒルメは火属性攻撃で特定の敵に強い。あと機動型を採用しがちな冷気属性編成で軽装型なので電力消費を抑えられる。

アルバトロスはAPバフ、命中バフ、攻撃力バフに加えて、手動で待機する必要があるが味方に被害無効化(1回)を付与できる。攻守ともに安定しているし、特にAPバフで初動が速いのが強い。機動型編成を組めるのも良い。

ストロングホールドは行動力バフ、命中バフ、攻撃力バフ。敵の行動力デバフ、被ダメージデバフと雑に強い。重装型保護機なのでコストはかかる。

スレイプニールはシナジーは薄いが回避盾なので、ハマれば強い。機動型編成も組める。

個人的に冷気属性編成で運用するのが強そうに見える。

[ad]

ミホと編成する

ちょっといいですか?

少し語ります。

バックボーンから説明するとミホは初期から主人公の仲間にいて、最初の頼りない主人公の時から支えてくれていたメンバーなんですよね。

バカ発見!.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-10.png

初期のイベントとか、クリスマスのイベントにも登場して、主人公と仲を深めていった「なんかいい」キャラというわけ。バレンタインやウェディングスキンもあり相当優遇されている。

それで新しいスキンが九尾狐モチーフのもの

もともとミホって名前自体「九尾の狐」を由来としたものだったりする。

それでだ

こういうことなんだよなぁ

コスプレじゃなくてマジの九尾狐っぽいのといちゃつく主人公!

ヒルメは良いよ?でもさ~ミホはなんて思うのかな?

それで思いついた編成です。ミホからパワハラされるヒルメはtwitterで見た。

冗談は置いといて、昇級したミホは前方に配置した保護機に支援攻撃する。さらに反撃を付与、各種バフを盛れる。

よくあるのがランサーミナとの編成だね。

ランサーミナとヒルメを比較するとどうなのかな?っていう話です。

ミナは2マス範囲の火属性攻撃ができる保護機で、火属性耐性バフと冷気属性耐性バフを持っていてヒルメと役割が近い気がする。

ヒルメ編成案

・・・

半分ネタだと思っていたがこれも悪くないと思う。

ミナは火属性耐性と冷気属性耐性を持っているが、冷気属性耐性に限って言えばヒルメのほうが倍率が高い。

ヒルメは自前でAP増加スキルを持っていて行動回数が多いので支援攻撃と相性が良い。コンスタンツァとソワンの相性が良いのと同じで、戦闘開始時にAP増加するヒルメは支援攻撃するミホと相性抜群。

スキルの回転率が良いのは明確にミナより強い点だね。

ランサーミナと比較

ヒルメは先手を取って動きやすく、スキルの回転率が高い。攻撃支援のトリガー役として強い。スキルが減衰する範囲攻撃だけど、逆に言えば撃ち漏らしをミホが仕留めてくれる。軽装型編成が組める。

ランサーミナは中~長期戦に強い。ミナは敵を攻撃したり倒したりするたびにスタックするバフを持っているので、初動は遅いが最終的に行動力や攻撃力がめちゃくちゃ高くなる。

ヒルメのダメージ最小化2回が生きてるうちはヒルメ優位で、それ以上時間がかかるならミナ優位な気がする。

おわり

短期決戦、もしくは冷気属性攻撃を相手することだけを想定するなら命中、クリティカルといった攻撃機よりな配分でステータスを振ってみるのも面白そうですね。諸説。

後列に置いて射程減OSつけると、味方にバリアを貼り続ける面白い動きができるけど、使い道が思いつかなかった。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました