【ラストオリジン】イベント感想:楽園への招待状 第2区域

ラストオリジン

ラストオリジンのイベント「楽園への招待状」第2区域の感想です。

《前回のあらすじ》

マキナによって「楽園」に囚われてしまった主人公、仲間たちと共に楽園を脱出するため、マキナのいるビルに潜入する。しかしALキュートの二人組に再び捕まってしまった!

Ev2-1B

主人公を助けるために行動していたリーゼとリリスは、アーセナルとカーンに合流。

リリスがカーンのことは「さん」付けなの、「なんかいい」よね。

戦力面で心配することはなくなったが、Y談おじさんと化したアーセナルとリーゼは性格が合わなかった。

なんやかんやあったが、逆に合っているのかもしれない。

主人公が割とピンチなのに主人公のY談で盛り上がるのやめろ~い。

っぱ信じられるのは良い子のリリスなんだよな~

Ev2-1

ALキュートに捕らえられて、マキナの元に連れてこられた主人公。

メリーから聞いていた通り、マキナは人類が滅亡後、残されたバイオロイドたちが絶望する状況を救うために、欲望が叶う「楽園」を作ったということ。

欲望も度が過ぎれば身を蝕むことはマキナも理解しており、楽園の弊害について悩んでいた。かといって鉄虫のいる外の世界に希望はなく、この方法しか取れなかった形。

マキナは「人間」である主人公が楽園にいれば、バイオロイドは自身の欲望を制御でき、破滅を回避できると考え、主人公に「楽園」の救世主となってくれるよう懇願する。

主人公は、救世主としてこの世界を救う「だけ」ならお断りだ、ときっぱりと誘いを断る。

もっと多くの人を助ける。

それでこそ、オルカの司令官なんだよなぁ。

手荒な感じになりそうだったが、ちょうどクノイチ姉妹が助けに駆け付け逃げ出すことができた。

やはりメイドより忍者でござるな。

Ev2-2

途中に様子がおかしいバーバリアナを見つけたので目を覚ますために舌を入れたら「別人」だったというハプニングもあったが仲間を回収しつつ、マキナから逃げるためにビルの下層に降りていく。

これが、オルカの司令官なんだよなぁ。

Ev2-3

装置を停止するボタンだと思ったら、AGSが暴走を始めました。

誤タッチ防止機能とかないみたいですね🙄

Ev2-4B

AGSの暴走によって楽園が崩壊する中で、各々が行動する。

このタイラントは仲間のタイラントなのかな?AGSの暴走と一緒に自我を取り戻したタイラントはブチのギーレィ状態でめちゃくちゃに暴れ回っていた。

市民の避難誘導をする中で、目が覚めるランパート。

ランパートは昔、市民を助けるために仲間を見殺しにした結果、結局市民も仲間も両方守れなかったことがあって・・・自分の意志で自我を捨てようとする外伝ストーリーがなかなか見どころがあった。仲間と一緒に市民を守るという「夢」を見ていたランパートは目が覚め、主人公を守るために駆け付ける。

セーフティさんは特に目が覚めることはなかったですね。

Ev2-4

楽園の様子がおかしいことはオルカ号からでも確認できた。フォーチュンのバックアップのもとティアマト、ミナが楽園に突撃、とつげき~。

Ev2-5

暴れるタイラントによってビルの出入り口が破壊され、主人公たちは内部に閉じ込められてしまった。

一応、マキナがAGSの制御権限を取り戻したので何とかなった形。

Ev2-6B

こいつ・・・本当にただのファンガール。

Ev2-6

いまだ目を覚まさないALキュート。ちょっと・・・このふたりは抱えているものが深いね。

荒療治になるが心のトラウマに刺激を与えて目を覚まさせる。

えげつねぇな・・・

ALキュートを対処し、もう一度マキナと対峙する主人公。

人の幸せを願ったマキナは、鉄虫に怯えることのない「楽園」で主人公が救世主となることを諦めてはいなかった。

でたわね。

このタイミングで合流したリリスとリーゼによってマキナは大ダメージを負った。

Ev2-7

瀕死となりながらもマキナはもう一度「楽園」を再構築し、主人公たちを取り込もうとする。

「夢」ってのは自分で掴むもの。強靭な精神力で欲望に負けなかったミナが、「楽園」を見させる装置を破壊したことで、今度こそ本当に楽園が崩壊していく。

Ev2-8, Ev2-8B

それでもまだマキナは諦めていない。

メイドたちはいまだ「楽園」から目が覚めていない。

やはりメイドより忍者でござるな。

ござるよね~

ついにマキナからマスターキーを回収し、この楽園からみんなを脱出させていく。

最後の時に主人公はマキナを説得する。

外の世界はまだ終わっていない。みんなを救うために一緒に行こう。

マキナは人を幸せにするために作られたバイオロイド。ある意味最も「楽園」に囚われていたのはマキナ自身で、みんなを救うために必死だったマキナ自身を最後に主人公たちが救った形。

こんなん完全に「ハッピーバースディ」じゃんねぇ

幽遊白書 172話, 富樫義博

ランパートの全年齢版のCVは檜山氏で「勇者王」の印象が強いけど、個人的に一番飛影が好きキャラって話です。

閑話休題

今回の騒動は解決し、オルカ号では遅れながらもパーティの準備をしていた。

さてと・・・

うーむ・・・🤔🤔🤔

ござるよね~

私、昔からドスケベな格好の忍者が好きで・・・

遅くなった形ではあるがクノイチ姉妹とクリスマスを祝い、サプライズプレゼントを受け取る。

ままま、いろんなこともありましたが最後にこうして笑いあえて本当に良かった。

俺が救いたかったのは「これ」なんだよなぁ。

よく見るとマキナもメリーもすごいドスケベな格好だった。

おわり

いや~面白かったね。ハッピーエンドで良かったけど後日談ってどうなるのかね。

今回のイベント、いろいろケアが必要な隊員が多いのでは?

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました