【競馬】ウマ娘プレイヤー目線で2021年皐月賞を見る

競馬

中山競馬場 芝2000m クラシック三冠路線の第一弾・皐月賞、「最も速いウマが勝つ」と言われているGⅠレース。天候は晴れ、馬場は前日の雨で不良。

いやー楽しみですね。

注目馬を挙げていきます。

1番人気4枠7番:エフフォーリア

3戦3勝の無敗。これまでのレースで2着との差を1馬身、2馬身と増やしてきており、着実に上位の実力を持っている。特に前走のGⅢレースの共同通信杯で2着、3着となったウマがその後の重賞レースで1着になっているので、そいつらに競り勝ったこのウマの評価は高い。少し気になるのはこれまでのレースが比較的スローペースで最後の瞬発力勝負みたいなレースだということ、「最も速いウマ」となれるか、注目ですね。

また、レースと直接関係ないけど、競馬の世界にも関東関西の違いがある。具体的に言うと美浦トレセンと、栗東トレセン。どっちが強いか諸説あるけど、データとしては関西の栗東トレセンのウマのほうが勝っている。ウマ娘でも美浦寮(寮長ヒシアマゾン)より栗東寮(寮長フジキセキ)に所属しているキャラが多いね。エフフォーリアは美浦トレセン所属。関東馬筆頭ってところでも応援したいですね。父母父がスペシャルウィーク。

2番人気4枠8番:ダノンザキッド

JRA賞最優秀2歳牡馬受賞馬。GⅠレースのホープフルSを勝って2歳王者として世代最強をリードしていたが、前走の弥生賞ディープインパクト記念でまさかの3着に敗れた。2歳がピークだったか、それとも巻き返すか注目ですね。

一応、前走で負けたといっても、最後の3ハロンのタイムはメンバー中最速だし、中山2000mのレースを経験できたと考えると悪い形ではない。2歳王者の意地を見せてほしいですね。

3番人気1枠1番アドマイヤハダル

皐月賞のトライアル、若葉Sを3馬身差をつけて1着。これまで4戦3勝。芝2000mで勝っていて距離適性は合っているし、スタートからのポジションセンスが良いレースをしている。だけど、上位2頭と比較すると人気は落ちる形。今回は初めてルメール騎手がたづなを握る。あと、不良馬場で1枠1番ってどうなのかよくわからん。

12番人気7枠14番アサマノイタズラ

私一推しのウマです。群馬出身者だから名前見てわかっちゃったよねー。

上毛かるたの【あ】の札「浅間のいたずら 鬼の押出し」にちなんで名づけられたウマ、馬主が高崎の人みたいね。他にもライトカラカゼ(牡6歳、「雷と空風 義理人情」)、ヘイワノツカイ(牡5歳「平和の使徒 新島襄」)、ココロノトウダイ(牡4歳「心の燈台 内村鑑三」)がいる。次はエンギダルマを命名予定で、ツルマウカタチはここ一番のウマに名づけるみたい。

勝負事とか賭け事に情は不要、シビアな実力の世界なんだけどさー。

そうなんだよねー・・・でもさー・・

そうなんだよねー・・・

勝ってほしいね。馬券は単・複勝を買います。

あと、母父がキングヘイローです。うーん・・キングは皐月賞勝てんと思う。

他にウマ娘登場キャラと縁のあるウマ

1枠2番:ルーパステーロ、父ゴールドシップ

5枠9番:ラーゴム、父母父メジロマックイーン

6枠12番:ワールドリバイバル、父母父スペシャルウィーク、母父アグネスタキオン

7枠14番:タイトルホルダー、父母母エアグルーヴ

買った馬券

エフフォーリア、ダノンザキッドは入ってくるでしょ。本命はダノンザキッドですね。でも予想が難しいし、馬場状態も不良で荒れたレース展開になると思う。とりあえず、オッズの1から4番人気まででボックス買いした。

あと個人的には9番人気タイトルホルダーが逃げる展開でそのまま勝ちみたいな、弥生賞ディープインパクト記念でダノンザキッドに勝ったのと似たようなレース展開になると期待して馬券を買っている。

アサマノイタズラは応援枠。

おわり

今回の皐月賞は桜花賞と違って、これだっていう明確な注目馬が不在な気がする。予想が難しいですね。とんでもなく荒れるかもしれませんね。

ウマ娘知識だと中山の直線は短いらしいので、差しよりも先行が有利なのかな?ゴルシも道中最下位だったけど、4コーナーで内を突いて6番手くらいにまで追い上げているので、4コーナーまでの緩い下り坂からうまくスピードを殺さずにコーナー加速できるウマが勝つんじゃないですかね。知らんけど。

それでは。

結果はこちらです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました