【2022年 優駿牝馬 オークス】回顧:放馬トラブル・予定が遅れてイライラMAX状態

競馬

今年のオークスは発送前にトラブルがあった。サウンドビバーチェがラブパイローに顔面を蹴られて放馬。

サウンドビバーチェは出走取り消しとなった形であるが、スタートが15分近く遅れたことで神経質な他のウマはイライラMAX状態と波乱のあるレースでした。最近事故が起こりがちで怖いね。

馬券のほうはサークルオブライフ、スターズオンアース、ナミュール、プレサージュリフト、ベルクレスタで5頭BOXの馬連・ワイドで2000円買って、スターズオンアースとナミュールのワイドが当たり、で-800円のトリガミ。

という事で、今回のレースの反省会。

スポンサーリンク

1着3番人気:スターズオンアース

「府中のルメール」に逆らってはいけない。

「桜花賞を勝ったGⅠ馬」にルメールが騎乗して単勝オッズ6.5倍の3番人気は流石に「買い」

スターズオンアースはこれで牝馬二冠。牝馬三冠路線は2400mのオークスが鬼門と言われているので、ここをクリアしたスターズオンアースは三冠も現実的に見えてきた。次の秋華賞でも買いたいですね。

大外枠なのが懸念されていたが、逆にゲート内での待ち時間が少ないことでストレスが少なかったのが良かったかもしれない。

3歳牝馬気性が難しいところがあるけど、トラブルがあっても集中を切らさず精神的に落ち着いているスターズオンアースは安定して強そう。期待ができる。

スポンサーリンク

2着10番人気:スタニングローズ

スタニングローズは買えなかった・・・

前走フラワーカップ1着だけど、基本的に桜花賞組を高く評価していたし、内が荒れていそうだったので1枠2番の枠順が厳しそうだと思っていた。あと、短期免許で来日しているレーン騎手が鞍上で、正直どれくらい強い騎手なのかよく分かってなかった。

ちょっと名前がスターズオンアースに似ているなくらいしか気にかけなかったので、マジで買えなかったね。

ま~少し荒れると思って3連複にしないで馬連とワイドで買うと決めて、実際にノーマークの馬が馬券内に来たという点では予想通りだった。

反省点:道悪から乾いてくるような馬場状態だとキングカメハメハ産駒が良い成績らしい。あとレーン騎手は強い騎手だった。見事に内をさばいて導いた。

スポンサーリンク

3着4番人気:ナミュール

桜花賞1番人気から10着に敗れたが、今回持ち直した形。

他の馬は2400mの距離が厳しく最後に伸び悩みがちだったが、しっかりと外差しで3着まで持ってきた。勝ったウマが強かったけど、ナミュールも実力は上位。

7着2番人気:アートハウス

川田騎手はスターズオンアースに騎乗して桜花賞を勝ったわけで、そのGⅠ馬ではなく、アートハウスに騎乗する理由はインタビューで答えていて、「なんか良い」話だったね。それで人気したかも。

インタビューの中で、「状態は前走のほうが良い。今回は課題が残る」と答えていたので川田騎手を信じて切りました。

合っていました。

12着1番人気:サークルオブライフ

スタートを出遅れて、ほぼ最後方からのレースで特に見せ場なく終わった。コメント見る限り、サークラちゃんは相当待たされてイライラMAXかもです…

出遅れ癖のあるデムーロ騎手だけど、今回は馬体重あるウマだし問題ない。良し!と思って買ったらスタートで遅れて終わりです。

発走前のトラブルでの遅れが神経質なウマにはかなりきつかったという事で、万全な状態でのレースが見たかった・・・😭

反省会

人気しているアートハウスは切り:合ってた。
荒れそうなので3連複は買わない:合ってた。
気になるウマで穴馬でベルクレスタとプレサージュリフトを買っとくか:???
穴馬含めてBOX買い:馬券買うのが下手くそ。

無駄に買い目を増やすは良くないって…次は馬連フォーメーションを試してみましょうか。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました