【2022 皐月賞】結果を振り返りながら管を巻く:ジオグリフが混戦を差し切った形

競馬

いや~競馬当たったときは面白いね。

2022年の皐月賞は5番人気のジオグリフが1着、2着は3番人気のイクイノックス、3着に1番人気ドウデュースでちょっと荒れたかなといった感じ。

完全に「予想通り」じゃんねぇ

応援枠と穴狙いで勝った分を加えてもプラスです。高松宮記念と大阪杯のマイナス分を返せて良かった。

画像

でもさ~ここまで読めていたならもう少し攻めた買い方をしたかったな~と思いつつ、結果を振り返りながら雑に語ります。

1着5番人気:ジオグリフ

ノド鳴りの懸念があったけど問題なく好走。

鞍上の福永騎手が上手く導いた形。競馬関係者はすーぐ「問題ない」とか言うけど、福永騎手の「問題ない」は本当に信用できるんだ。

馬場状態とか、内と外のどっちが有利って俺みたいな素人には分からないから…荒れそうなときはやっぱり「上手い騎手」を買っておけば間違いないって。

今回の皐月賞は上手く勝ち切ったが、ダービーがどうなるかは悩ましいね。

福永騎手: (ダービーに向けては)距離が課題になるのかなと思います。2000mまでは全く問題ありませんでしたが、次はそこ(距離)が問われるのかなと思います」

ダービーは2400m、福永騎手が「距離が課題」というなら…う~む…「距離が課題」なんじゃないのかな~🤔

2着3番人気:イクイノックス

ルメール騎手がうまく乗ってくれたが、やはり大外枠だったのがきつかった感。大外枠はある程度自由に走れるけどその分折り合いをつけるのが難しいみたい。

ルメール騎手:「休み明けでもすごく良い競馬ができました。外枠で、残念ながら馬の後ろで我慢させることができませんでした。勝った馬は自分の馬の後ろで我慢していました。仕方ないです。ダービーは大きなチャンスです」

ルメール騎手のコメントの通り、ダービーだとイクイノックスのほうがジオグリフより有利付けていそうな気がする。キタサンブラック産駒だし、2400mでも問題なさそう。枠順が良ければダービーはイクイノックスを本命にしたい。府中のルメールに逆らってはいけない。

あえて懸念点を上げるとダービーまでに十分に休めるかどうか、今回5か月の休養明けという事で大事に使われているけど、次のダービーまでに疲労を回復して仕上がるのか?

3着1番人気:ドウデュース

武豊騎手「ポジションが結果的に後ろだったかもしれません。今日は大事に行きました。もっと流れるかと思ったのですが、流れませんでした。残念です。」

道中は後方2番手くらいでかなり後ろからだった。

今回の皐月賞は逃げると思ってたデシエルトと、ビーアストニッシドがどっちも逃げなくて、結構スローなペースだった。

レース展開が遅いと逃げ・先行馬が最後まで余力を残していて前残りしやすい。レース展開が速いと前が崩れて差し・追い込みが決まりやすい傾向があって、その読みが噛み合わなかった感じ。それでも3着まで持ってきたのは間に合った形。上がり最速を記録したが、やはり中山競馬場の直線は短い。

気になるのはドウデュースの適正距離だね。2000mがギリギリだから強気に動きにくかったのか、諸説あるところ。

あと、ハーツクライ産駒は皐月賞を勝てないジンクスは継続中です。

4着2番人気:ダノンベルーガ

2番人気の川田騎手は怪しい。個人的に買えないが。。。まぁ買いましたが・・・

1枠1番は不利!しかも人気している川田騎手は馬券内には来ないと思って買わないで…それで来たら嫌だな~と思ってちょっとだけ買いました。まぁ来ませんでした・・・

でも不利背負いながらクビ差4着は強いよ。東京競馬場では2戦2勝の負けなしなので、次のダービーは枠順次第ではかなりあり。

6着8番人気:オニャンコポン

ようやっとると思う。3~6着まではクビ差だから本当によくやっている。

菅原騎手「1コーナーをうまく乗れずに、ぎくしゃくした競馬になってしまいました。ためればいい脚を使ってくれるので、もう少しスムーズだったらと思います」

スムーズに行けたらワンチャンあったかな~って感じ

東京競馬場のダービーでまた応援したい。「ダービー馬はダービー馬から生まれる」って格言もあるし、オニャンコポンはダービー馬エイシンフラッシュ産駒です。

13着4番人気:キラーアビリティ

やっぱり、上手く仕上がってなかったのか。スタートも出遅れていた。横山武騎手は厄年らしいけど、流石にオカルト。

おわり

流石に1年競馬したら飽きるかなと思ったけど、予想が当たるとやっぱり楽しい。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました