【競馬】馬券の予想方法を勉強する【諸説ある】

競馬

競馬のこと全然わからない・・・雰囲気でお金を賭けている・・・

先週の大阪杯から競馬を始めたもりしです。前回は適当に馬券を買い、期待値以下の損益となりました。なんだかんだ悔しいので多少は勉強して桜花賞は予想しようと思ったので、勉強したことのまとめと、桜花賞の予想の前哨戦として、前日のレースにまた賭けてみた結果です。

馬券の買い方 ボックス買いと流し買い

馬券の種類には1着を予想する単勝馬券の他にもいろいろ馬券がある。
3着までに入る1頭を予想する複勝。
1着と2着を着順通り当てる馬単
1着と2着の組み合わせを当てる馬連
3着までに入る2頭の組み合わせを当てるワイド
1着、2着、3着の組み合わせを当てる3連複
1着、2着、3着を着順通りを当てる3連複

どれを買うのが良いのかなと勉強したらボックス買い、流し買いというのが出てきた。普通にJRAのサイトで馬券の買い方の説明をしていた。

とりあえず全部買うかってのはみんなやっているみたいね。最初はボックス買いで、競馬に詳しくなっていけば、本命馬を決めて流し買いとか、徐々に買い目を減らす買い方をしていく形かな。

まずはボックス買いでいいでしょ。

ボックス買い 組み合わせと順列

勝つウマをある程度絞り込まないと、ボックス買いは水準数があほみたいに増える。組み合わせと順列は昔勉強しましたね。
5頭中の3頭の組み合わせは10通り、順列は60通り。
4頭中の3頭の組み合わせは4通り、順列は24通り。
3頭中の3頭の組み合わせは1通り、順列は6通り。

3連単当てるのは難しいけど、3連複なら、4頭程度に候補を絞り込めれば手を出せそう。

そう思っていたら、普通にボックス買い馬券が売っていた。

JRAで即-PATに登録してできるネット投票にパック投票のタブがあって、そこでボックス買い、流し買いができる。

とりあえず4頭絞り込んで、左下の4頭ボックス、1着、2着、3着の組み合わせを当てる3連複4通りと、1着と2着の組み合わせを当てる馬連6通りの合計10通りを最小金額1000円で買うのが、手を出しやすくて良さそう。

候補馬の絞り込み

ウマについて詳しくないのでざっくりとした有力馬はオッズで決める。

それで候補をさらに絞り込んでいく基準だけど、騎手と直近のレース結果は参考になるかなと思って、それでやっている。

騎手については調べると最強騎手ランキングみたいなのが出てくる。勝っている騎手は強いため、ルメールが強いってのが分かった。この順位を参考に絞り込む。騎手がコロコロ変わっていないかくらいは見ておく。

競走馬の直近のレースの結果はJRAの出馬表に載っている。やっぱり勝っているウマは強いという考えで決める。一応、レースの距離は合っているかどうかを見ている。

血統とか、適正、枠とか天候とかいろいろあるけどマジでわからんので無視する。競争の世界は結果がすべてという考えで勝っているウマに勝っている騎手が乗っていれば強い理論で行く。

4月10日(土)のレース結果

16,200円賭けて、16,680円のリターン。80円は闇に飲まれたので+400円の損益ですね。期待値以上なので、ひとまずこの賭け方で桜花賞もやってみます。

おわり

桜花賞も同じようにボックス買いで行きます。ソダシ、サトノレイナス、メイケイエール、エリザベスタワー、ファインルージュ当たりが候補ですね。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました